自分の体臭はなかなか気づかないのはなぜなのか?まとめ!

自分ではなかなか自分の体臭に気が付かないのはなぜ?

男性悩み

体臭は自分ではなかなか気づくことは出来ません、理由は体が勝手に錯覚を起こし臭いがわからなくなるのです。

 

正確に言うと鼻が麻痺しているというような状態です。

 

そもそも、人間には人それぞれの体臭というのがあります。強さの大小は別にして何かしらのニオイを発散しています。

 

本人は無臭だと思っていても生きていれば皮膚は酸化していきますしニオイの元を作る雑菌も増殖していきます。
食べ物でも体臭の原因にもなるので完全に無臭という人間は存在しないのです。

 

 

どうしてわからなくなるのか?ということの理由はまだ厳密には解明されてないそうですが、臭いによるストレスを軽減させるように体が反応しているのではないか?という考えがあります。

 

確かに自分の悪臭が常に自分でわかるならストレスになるし臭いがきつい場合は頭も痛くなってきますよね。
トイレに行くと臭いけどしばらくしたらなれた・・というのも同じ理由なのかもしれません。

どうやったら自分で自分の体臭がわかる?

自分の体臭を自分でわかるようにする方法は鼻の錯覚を取り除いてあげること

 

例えば、普段の自分の臭いの付いた服をビニールに入れて臭いが逃げないようにしておいて
そこからまったく別の臭いが付いた服を着てまず自分のニオイの錯覚を取り除いてやります。
20分もして自分の鼻の錯覚を取り除いてやってからビニールに入れた服を臭えばあら不思議
自分の体臭がわかります。

 

他にもお風呂に入ってしっかりと体を洗い、湯船に30分ぐらい入った後すぐに服を臭ってもわかります。

 

自分の体臭をわかるようになるにはまず最初に自分の鼻の錯覚を取り除いてやれば良いのです。
臭いかどうかは別にして1番早いのは身近な人に「体臭どう?」って聞いてみることです。

 

もし、体臭がクサかったらどうすれば?

男性チェック

体臭がクサイなと思う場合には消臭スプレーや香水が真っ先に思いつきますが

 

1番確実なのは体臭のニオイを出す体を改善してあげることです。

 

体臭に効果的なサプリメントや食事を改善して体の中から体臭が出ないようにしてやって

 

体臭の原因になる雑菌を除去してくれる石鹸などを使い体のケアをしてやると効果的に体臭が無くなりますよ。

 

アジカボタン