体臭って病気?病気が原因でなる体臭の臭いとは・・・

体臭と病気の関係性は?病気が原因で体臭はするの?

病院

 

ほとんどの場合の体臭の原因は食べ物によるニオイの放出であったり、汗による雑菌やバクテリアの増殖、加齢による加齢臭等ですが

 

実はニオイによっては病気が原因で体臭がするということもあります。

 

例えば、ガンの病気ではすでに独特のニオイを患者さんが発すると言われていてすでにニオイでガンの見分けが出来ないか?という研究もあるぐらいですし、あまり良い話ではありませんが、死と向かい合って介護しているベテランの看護師さんによっては患者さんが死んでしまう数日前にはすでにある程度ニオイでわかるという話もあるぐらいニオイと病気の関係は密接です。

 

甘い体臭がする・・・

甘い体臭がする人は糖分の摂り過ぎであったり、糖尿病である可能性もあります。

 

甘い香りと糖尿病の関係は体が体内の糖分をエネルギーに分解できず、その代わりに脂肪分やタンパク質などを代わりに分解してエネルギーにしようとします。

 

この時に出来るアセトンというのが甘い匂いの原因、エネルギーに変える際に出来るこの独特な甘い香りが体内を巡り、口臭や体臭として体外に排出されていきます。

 

生臭い臭いがする、アンモニア臭い?

生臭いニオイはトリメチルアミン症候群の可能性やアンモニア臭には肝機能や排尿の低下などの恐れもあります。

 

体臭が臭うからといってすべてが病気ということではありませんが、普段よりもニオイが強い、いつもよりもニオイがおかしいと言う場合や気になる場合は病院の医師に相談してみることも必要になります。

 

 

自分では体臭の変化というのは自分でニオイを発散しているのでなかなか気づきません。

 

もしかしたら?と思う場合はまず身近な人や家族に体臭におかしなところはないか聞いてみてチェックするのも1つの手段です。

 

一般的な体臭の場合は石鹸で体臭の元の菌を落とすことは出来ますし、食事を体臭が減るものに意識していけばニオイは減ってきます。

 

それでも減らない場合は専門的な治療が必要になる可能性も十分にあります。